【マイクラ】銅がいらない・余ってしまう方!使い道を紹介!

マイクラ

マイクラには色々な素材が出てきますが、その中でも銅はいらない、余ってしまうということになりやすいです。

では、なぜ銅が余ってしまうのか、その理由を解説していきます。

また、今ある銅の使い道や、将来的に追加されると嬉しい使い道も一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

【マイクラ】銅がいらない・余ってしまうと言う理由とは?

銅鉱石がいらないブロック、余ってしまうブロックとして認識されたりしております。

そこでなぜそんなブロックになったのかをまとめてみました。

・銅の使い道が少ない
・銅で作れる道具が少ない
・比較的簡単に入手出来過ぎる
以上の項目によって銅はいらない、余ってしますと言われています。

銅の使い道が少ない

マイクラで銅が余ってしまうのは、単純に使い道が少ないからです。

銅は、単体でクラフトできるものがそこまで多くありません。

銅で作れる道具が少ない

その上、銅を使ってクラフトする道具は、必要とする銅の数が少ないです。

マイクラでは、複数の金属を混ぜ合わせて、新しい素材を作ることはできません。

そのため、銅は別のクラフト素材にもならないです。

比較的簡単に入手出来過ぎる

しかし、銅鉱石自体は、マップのあらゆるところで簡単に入手することが出来、何かに使えるかもしれないと思って、チェストに溜めておく人は多いです。

けれど、使い道が少ないのが現実です。

したがって、大量に取って来た銅が余ってしまうということになりやすいです。

銅を大量に必要とするのは、銅ブロックでアートを作る人くらいです。

スポンサーリンク

【マイクラ】銅とはどんな鉱石?特徴は?

ここではマイクラの世界で銅とはどんな鉱石なのか?またどんな特徴があるのかを紹介していきます。

銅鉱石は比較的簡単に手に入る

銅鉱石は、特に珍しい鉱石ではありません。

オーバーワールド内にある全てのバイオームに登場します。

わざわざ探さなくても、すぐに見つかるでしょう。

そして、石のツルハシ以上のツールで、簡単に採取することができます。

そのため、ある程度雑に扱っても問題ありません。

なくなってしまえば、すぐに新しい銅鉱石が採取できます。

銅の入手方法

採取した銅鉱石は、鉄などと同じように、かまどで焼いてインゴットにできます。

もちろん、溶鉱炉で、より早く銅のインゴットを作ることも可能です。

銅ブロックの特徴

銅のインゴット9個で、銅ブロックをクラフトすることが出来ます。

そんな銅で作られたブロックは、放置しておくと、錆びて色が変わります。

普通の銅が風化した銅になり、錆びた銅、酸化した銅と、3段階で錆びていきます。

錆びる時間はランダムで、10時間から20時間が目安です。つまり、普通の動画酸化した銅になるまでは、40時間から80時間かかる計算です。

そして、錆びは見た目が変わるだけで、それ以外の影響はありません。

錆のとり方を紹介

また、錆は、斧で叩くだけで取ることができます。

その他にも、落雷を当てて、まとめて錆を取るという方法もあります。

さらに、ハニカムを使用すると、錆びない銅を作ることも可能です。

クラフトでのハニカムとの合成、またはブロックへの直接使用で錆びなくなります。

スポンサーリンク

【マイクラ】銅の使い道は?

銅のインゴットを使ってクラフトできる物や銅の使い道について紹介していきます。

銅ブロック

銅鉱石は、銅ブロックの素材として使用することができます。

銅インゴットを9個クラフトすると、銅ブロックが完成します。

また、石切台を使って、ハーフブロックや階段ブロックへの加工も可能です。

どの形にしても、銅は時間の経過と共に、錆びて色が変わります。

風化した銅は緑がかった茶色、錆びた銅は茶色がかった緑色です。

酸化した銅は、完全な緑色です。

その色を活かして、好きな色の建物を作ると良いでしょう。

ハニカムを使用すれば、それ以上錆びることはないので、色は固定できます。

避雷針

また、銅インゴット3つでクラフトすれば、避雷針を作ることが可能です。

マイクラでは、雷が落ちてくることがあります。

その雷が燃えやすい素材に当たった場合、そのまま燃え尽きてしまう恐れがあります。

それを防ぐために使用するのが、避雷針です。

避雷針を置いておくと、雷がそこに落ちるようになります。

避雷針の周りを燃えないブロックにしておけば、火事の心配はありません。

そして、避雷針近くにクリーバーを誘導して、帯電クリーパーを作ることも可能です。

望遠鏡

さらに、銅インゴット2つと、アメジストの欠片1つを使用すると、望遠鏡ができます。

遠くを見ることができるアイテムです。

相手に見つからず済むため、離れたところからMobの状態を確かめるのに役立ちます。

スポンサーリンク

【マイクラ】今後、銅の使い道が増える?

現実世界では、銅は色々なところで使用されています。

そのため、日常生活には欠かせない素材です。

しかし、マイクラの世界では、銅は使い道は現実ほど多くありません。

したがって、アップデートによって、現実と同じような使い道が追加される可能性は高いです。

多くのプレイヤーから期待されているのは、電気を流すことができる銅線です。

マイクラでは、電気という概念は、雷しかありません。

その雷も、避雷針で逃がすだけです。

もし、銅線を作れるようになると、電気をエネルギーとして使用できます。そうすると、遊びの幅が一気に広がります。

銅線は、コイル状にして磁石と組み合わせると、電気を発生させることができます。

そのため、銅線を素材として、発電機も作れるようになるかもしれません。

プロペラと組み合わせて、自動で発電する風力発電機も作れるはずです。常時発電する仕組みを作れば、色々なものが自動化できる可能性が高いです。

発電機を搭載した電気自動車などを作れると嬉しいですね。

さらに、電気によって、新しいトラップも作れるはずです。

感電でMobや他プレイヤーの動きを止められると、攻撃の隙が増えます。

また、手軽に帯電クリーパーを作れるかもしれません。銅線と共に、そのような電気トラップが追加されると、戦略が増えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:【マイクラ】銅がいらない・余ってしまう方!使い道を紹介!

銅鉱石は、現時点での使い道がそう多くありません。

大抵の人は避雷針と望遠鏡を作ったら、銅は用済みのはずです。

ただ、アップデートで使い道が増える可能性は十分あります。

そのため、手元にある銅鉱石を捨ててしまうのは止めておきましょう。

また、錆びた銅ブロックには、独特の雰囲気があります。

わびさびの質感を出すには最適の雰囲気です。

したがって、銅が大量に余っているのであれば、建材として使用して、古びた建物を作るのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました