【ウマ娘】駿川たづなの正体は?あの伝説の名馬との類似点が多数あった!

ウマ娘

この記事はウマ娘に登場している駿川たづなさんの正体について紹介しています。

ウマ娘でガチャ演出で扉を開くシーンがおなじみとなった駿川たづなは、トレセン学園理事長の秘書をやっています。

緑のスーツが特徴で、トレーナーやウマ娘を支えてくれる親切なお姉さんです。

そんな駿川たづなさんにはとある噂がささやかれています。

たづなさんの正体はウマ娘なのではないのか?

それら話実証する出来事を紹介しながら解説していきます。

新しい育成ウマ娘のガチャを引きたいけど、「課金してまでは…」と思っていませんか?私も課金はちょっとキツイと思ってどうにかガチャをお得に回す方法が無いかと調べていると無料でジュエルを手に入れる方法を見つけました!

スポンサーリンク

【ウマ娘】駿川たづなの正体は?

「ウマ娘」に登場しているトレセン学園の有能な秘書である「駿川たづな」さんはウマ娘ではないのかという噂が出ています。

そんな駿川たづなさんは何者かについて紹介していきます。

駿川たづなさんのプロフィール

名前 駿川たづな
誕生日 5月2日
身長 166cm
スリーサイズ B86・W63・H88
職業 トレセン学園理事長の秘書
好きな食べ物 ラーメン・餃子・にんじん
趣味 映画館での映画鑑賞

普段の駿川たづなさんはトレセン学園の門限チェックを担当しています。

門限には厳しく、門限を破ったウマ娘を追っかけて捕まえたりすることもあるそうです。

たづなさんはいつもウマ娘達の怪我を常に心配していて、生徒にとってお姉さんのような、友人のような存在です。

特にマルゼンスキーと親しく、「死語」の通じる仲であるようで、皆からお姉様と言われているマルゼンスキーを手玉に取るようにからかうたづなさんなのです。

ゲームでは主にナビゲーター役で、扉を開くガチャ演出はおなじみですね。

駿川たづなが登場するサポートSSR「ようこそ、トレセン学園へ!」は、お出かけで体力回復・ステータス向上・やる気向上・バッドコンディションの消去・スキルヒントの獲得などの効果があり、ぜひ持っていたいカードです。

上記の性能からも、駿川たづながウマ娘の心身を深く思いやっていることがわかりますね。

駿川たづなはウマ娘たちが元気に怪我無くいられることを願い、頑張っているのでしょう。

駿川たづなさんの正体は伝説の名馬?

駿川たづなさんには、本当はウマ娘ではないかという噂があるのです。

モチーフの競走馬としては、共同通信杯の複称トキノミノル杯にその名を残す名馬・トキノミノルが有力視されています。

トキノミノルは1948年生まれ、1950年デビューの鹿毛の牡馬。

1951年のクラシック二冠を無敗で達成し、その後も生涯無敗。

駿川たづなと仲の良いマルゼンスキーも無敗馬ですが、戦後の中央競馬で10走以上して全勝はトキノミノルただ一頭だけ。

あのマルゼンスキーやディープインパクトでも7連勝で止まっているので、時代が違えどすごい馬だというのがわかります。

しかも10勝中7勝がレコード勝ちという離れ業を成し遂げていました。

史上初となる米国遠征も期待されていたものの、クラシック二冠獲得の17日後、怪我のため破傷風にかかり敗血症で急逝。

馬主で映画プロデューサーの永田雅一さんは、トキノミノルを偲んで映画「幻の馬」を制作しています。

スポンサーリンク

【ウマ娘】駿川たづながウマ娘だと思われる理由は?

謎が多いウマ娘に登場している駿川たづなさんですが、元ウマ娘ではないのかという噂は多く言われています。

そこで駿川たづなさんが元ウマ娘ではないのかという理由を紹介していきます。

スペシャルウイークに追いつくたづなさん

公式4コマ漫画「うまよん」にて大慌てで走るスペシャルウィークにあっさり追いついていること。

全力疾走するウマ娘はだいたい時速70㎞ぐらいだと紹介されています。

そんな全力疾走しているスペシャルウイークに追いついてくるたづなさんはやはりただ物ではないという事になりますね。

タイキシャトルにも追いついているたづなさん

ゲームにて短距離強者のタイキシャトルが必死に逃げているのに追いついていることが挙げられています。

ゲームにてサポートカードにSSRのたづなさんを編成して絆が深まるとたづなさんとのおでかけイベントが始まります。

そのイベントの中に寮を抜け出しているタイキシャトルを追いかけて捕まえるイベントが発生します。

短距離最強と言われたタイキシャトルに追いつくといったたづなさんは何者?って思ってしまいますよね。

トレーナーにスカウトされているたづなさん

タイキシャトルを捕まえた後その行動を見ていたトレーナーがその脚力を見て「デビューに興味はありませんか?」とウマ娘として誘われるエピソードがありました。

トレーナーにデビューに興味はないかと迫られた際、たづなさんは、はぐらかしたものの、すぐに意味ありげな笑みを浮かべたこと。

ゲートが開くドキドキ感を知っている?

ゲームでのおでかけイベントでたづなさんと映画を見に行く所で、たづなさんは映画が始まるまでの時間を「ゲートが開くのを待っている時のような、あの高揚感がたまらないです……。」とウマ娘ではないとわからないことを言っていました。

そのことをトレーナーが「ゲート?」って指摘しているとたづなさんは明らかに「しまった!」という表情をします。

怪我で走れなくなる恐怖を訴える

ゲームでのおでかけイベントで発生する話で、運送中の事故でトレセン学園に向けた医療器具が届かない状態になった時のエピソードで、だづなさんは大慌てになっていました。

理事長になだめられていましたがトレーナーとは「ケガや事故によって、満足に走ることさえできなくなる子も……多くいました。」と語っていました。

その語り口調は完全にウマ娘目線の話で、過去に自分が経験していたかのような話し方でした。

その後にたづなさんは足がもつれて転んでしまいトレーナーさんに手当をしてもらうのですが、その時にたづなさんはトレーナーに対して「担当のウマ娘が羨ましい」といっていました。

有馬記念に出たかった?

たづなさんと初詣に行くイベントで、たづなさんは「暮れの中山レース場に立つことを夢見ている子は、どの時代にもいますよ。」と有馬記念に対しての憧れを話し出します。

明らかに自分はウマ娘で有馬記念に出れなかったという事実を話している様にとらえられますね。

伝説の名馬との類似点が多い

駿川たづなさんの元ネタとなっている伝説の名馬「トキノミノル」についての類似点が多いことから、トキノミノルの魂を受け継いだものだと言われています。

・トキノミノルと駿川たづなさんの誕生日が5月2日でおなじである。

・たづなさんの衣装(緑のスーツに黒のラインが入っている)がトキノミノルの勝負服と類似している。

たづなさんが見に行った映画はトキノミノルのオーナーが作った映画

おでかけイベントでたづなさんと見る映画館の看板に「幻のウマ娘」という看板がかかっています。

これはトキノミノルの馬主である永田雅一さんと関連があって、永田雅一さんは映画プロデューサーで、トキノミノルが亡くなった後、追悼の意味を込めて「幻の馬」という映画を作ったそうです。

たづなさんが怪我を心配している理由とは

たづなさんはいつもウマ娘達の怪我を心配している写実が描かれています。

その元ネタとなる出来事は、トキノミノルが日本ダービーを勝った後の17日ごに破傷風が原因で急死しています。

自分のようになってほしくないという思いで現役のウマ娘には怪我をしてほしくないと思い心配しているのですね。

この様なエピソードをまとめると駿川たづなさんは引退したウマ娘ではないのかと推測できます。

「ウマ娘」をしていると約10日おきに新キャラが登場してジュエルが貯まりますか?

欲しいキャラが出てもジュエルが貯まっていないってことよくありませんか?

私は微課金をしていましたが、新キャラやサポートカードの完凸の為のガチャがちょっと厳しくなってきました。

でもまだまだプレーしたいというあまり「どうしたらガチャがお得に回せるのかな~?」と考え調べていると無料でジュエルがゲットできる方法を知りました。

この方法を使えば毎日ちょっとした簡単作業で効率よくジュエルが貯める事ができます。


今では多くの育成ウマ娘とサポートカードを手に入れる事ができました!
しかも無料でできるという事がうれしい限りです。

スポンサーリンク

まとめ:【ウマ娘】駿川たづなの正体は?あの伝説の名馬との類似点が多数あった!

駿川たづなが実はウマ娘ではないかと考えられる理由は、こんなにたくさんあったのです。

まだ真実は明かされていませんが、もしも駿川たづながトキノミノルのウマ娘だとしたらとんでもないことです。

何しろ、早世した歴史的名馬の夢の続きが見られる可能性があるのですから。

ひょっとしたら、駿川たづながウマ娘として活躍する日が来るかもと思うと、ますます真相が楽しみになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました