【ウマ娘】サトノダイヤモンドとはどんなウマ娘?実装の可能性は?元ネタの馬はどんな馬?

ウマ娘

ウマ娘に登場しているサトノダイヤモンドは余るほどの長い袖がなんともかわいい勝負服に負けない可憐さを持ったウマ娘でメジロマックイーンに憧れています。

いつもキタサンブラックと一緒にいるサトノダイヤモンドについてどんなウマ娘なのか、ゲームでの実装はいつ頃になるのか、元ネタとなったサトノダイヤモンドはどのような競走馬だったのかを紹介していきます。

【ウマ娘】早く実装して欲しい育成ウマ娘ランキング!1番人気はこのウマ娘だった!
ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」がリリースされてから毎月3~4人づつの育成ウマ娘が実装されてきました。 早くこのウマ娘を実装して欲しいという意見がネットやTwitterなどで多く見られます。 そこで、ゲーム「ウマ娘」で早く育...
スポンサーリンク

【ウマ娘】サトノダイヤモンドとはどんなウマ娘?

上品な物腰に育ちの良さがうかがえるウマ娘・サトノダイヤモンド。

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」の第3期ではキタサンブラックと一緒に主役になるのではと言われているサトノダイヤモンドとはどんなウマ娘なのかを紹介していきます。

サトノダイヤモンドのプロフィール

名前 サトノダイヤモンド
ゲームでの実装 サポートカード:SSR 育成:未実装
距離適性 中距離:A
CV(声優) 立花 日菜

箱入り娘であるためやや世間知らずな面のあるサトノダイヤモンドは、ちゃきちゃきウマ娘・キタサンブラックと幼なじみで キタちゃんサトちゃんと呼び合い、一緒にトレセン学園の見学へ来るほどの仲良しです。

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」第2期最終回ではキタサンブラックと一緒に新入生としてトレセン学園に入学してきました。

トウカイテイオーに憧れるキタサンブラックに対して、サトノダイヤモンドはメジロマックイーンに憧れを抱き、共に応援するようになります。

サトノダイヤモンドがどれくらい箱入り娘で、いかにメジロマックイーンを好きかよくわかるのが、ゲーム中でサトノダイヤモンドがメジロマックイーンにクレーンゲームの筐体をプレゼントしたエピソード。

しかも、サトノダイヤモンドはそれだけでは足らないとまで言っていました。

そんなサトノダイヤモンドは、勝負服もレースがたっぷりあしらわれたゴージャスなもの。

なんといっても手を隠すほど長い袖が特徴。

グリーンと黄色は、実際の騎手の勝負服と同じ雰囲気になっています。

上品で可憐なサトノダイヤモンドですが、性格は芯が強くなかなか頑固。

そのため、ゲーム中でのサトノダイヤモンドの金スキルは「鋼の意思」となっています。

また、天皇賞ではメジロマックイーンを負かしたライスシャワーを拍手で讃え、芯の強さを見せました。

強い意志を秘めたサトノダイヤモンドが目指しているのは、ジンクスを打ち破って家族の夢を叶えること。

家族に大切に育てられてきたサトノダイヤモンドだからこそ、その家族のために頑張っているのでしょう。

スポンサーリンク

【ウマ娘】サトノダイヤモンドが育成キャラの実装される可能性は?

ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」でサトノダイヤモンドは、アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」第2期最終回応援イベントでサポートカードSSRとして実装されましたが、育成ウマ娘としてはまだ実装されていません。

そんなサトノダイヤモンドがいつ頃実装されそうか?というと未定ですが、予想ではアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」第3期の開始と同時にキタサンブラックと一緒に実装されるのではないかと思われます。

現在その線が一番高そうなので、年内は実装されないと思われます。

サトノダイヤモンドが実装される可能性があるポイント

◆アニメ「ウマ娘」第3期が開始と同時にキタサンブラックと主役に抜擢されると同時にイベントとして実装される可能性が高い
スポンサーリンク

【ウマ娘】サトノダイヤモンドの元ネタはどんな馬?

元ネタとなった実際の競走馬サトノダイヤモンドは、2013年に北海道のノーザンファームで産まれた鹿毛の牡馬で、2015年から2018年まで競走馬として活躍しました。

そんなウマ娘の元ネタとなったサトノダイヤモンドという競走馬を紹介していきます。

名前 サトノダイヤモンド (牡馬)
調教師 池江 泰寿(栗東)
成績 18戦8勝 (中央競馬)
獲得賞金額 8億6512万円 (中央競馬)
主な勝鞍 2016年菊花賞(GⅠ)2016年有馬記念(GⅠ)2016年神戸新聞杯(GⅡ)2017年阪神大賞典(GⅡ)2018年京都大賞典(GⅡ)2016年きさらぎ賞(GⅢ)
主戦騎手 ルメール 騎手
毛色 鹿毛

実在の競走馬・サトノダイヤモンドもまた、ウマ娘・サトノダイヤモンドに負けず劣らずの箱入りでした。

父にあのディープインパクト、母にアルゼンチンのG1三勝のマルペンサを持つ優良血統。

落札価格は2億3000万円と、その高額ぶりが話題になりました。

サトノダイヤモンドの競争生活は?

デビューは2015年の京都競馬場芝2000m新馬戦で、主戦騎手となるC.ルメールさんを鞍上に初勝利。

続いて2016年のきさらぎ賞でも勝利。

これらのレースは、同じく高額で落札されたロイカバードとサトノダイヤモンドの対決ということで注目を集めました。

皐月賞、東京優駿ではマカヒキらライバルに苦戦しましたが、休養後は神戸新聞杯で1着。

さらに、ディープインパクト産駒初の菊花賞制覇を成し遂げ、有馬記念ではキタサンブラックを破って優勝。

同年の最優秀3歳牡馬に選ばれました。

2017年は阪神大賞典で勝ったものの、春の天皇賞は1着をキタサンブラックに譲り3着。

目標としていた凱旋門賞は15着でした。

2018年は京都大賞典で勝利、有馬記念を最後に引退となりました。

引退後は種牡馬となり、ディープインパクトの血統を残す馬として期待されています。

元ネタのサトノダイヤモンドとウマ娘のサトノダイヤモンドの類似点は?

ディープインパクトと同じくサトノダイヤモンドも鹿毛ですが、額にダイヤのような流星があるのが特徴。

馬名の「ダイヤモンド」は、馬主であり里見治さんの奥様がこの流星を見てひらめいたのだとか。

里見さんといえば、ゲームのセガサミー会長。

サトノダイヤモンドがメジロマックイーンにクレーンゲームの筐体をプレゼントしたのは、この事実がモチーフです。

また、有力馬を多く所有していながらなかなかG1で勝つことができないというジンクスの持ち主であった里見さんですが、そのジンクスを破ったのが、競走馬・サトノダイヤモンドだったのです。

つまりウマ娘・サトノダイヤモンドのジンクスを破って家族の夢を叶えたいという目標は、このエピソードが反映されたもの。

実際にサトノダイヤモンド以降、里見さんの所有馬は次々とG1で勝利しています。

また、サトノダイヤモンドの調教師は池江泰寿さん。

そしてその父はメジロマックイーンの調教師であった池江泰郎さんです。

このことが、ウマ娘・サトノダイヤモンドがウマ娘・メジロマックイーンに憧れるという設定につながっています。

サトノダイヤモンドの血統表

サトノダイヤモンドは話題の良血馬として注目を集めていました。

父は日本が誇るディープインパクトで、母はアルゼンチンでGⅠを3勝しているマルペンサであります。

 

ディープインパクト

父の父

サンダーサイレンス

父の母

ウインドインハーヘア

マルペンサ

母の父

Orpen

母の母

Marsella

スポンサーリンク

まとめ:【ウマ娘】サトノダイヤモンドとはどんなウマ娘?実装の可能性は?元ネタの馬はどんな馬?

ウマ娘に登場しているサトノダイヤモンドについてどのようなウマ娘なのか?ゲームで育成ウマ娘として実装されるのはいつなのか?元ネタとなったサトノダイヤモンドはどのような競走馬だったのかを紹介しています。

可憐な雰囲気を持ったウマ娘・サトノダイヤモンドですが、家族のためにジンクスを破ろうと頑張っています。

そこには、大きな期待を一身に背負い実際にジンクスを破った競走馬・サトノダイヤモンドの史実が隠されていたことに胸が熱くなりました。

競走馬・サトノダイヤモンドはまだまだ若く、つい最近まで現役でした。

それだけに、親友・キタサンブラック共々、新しい世代のウマ娘として、サトノダイヤモンドがますます活躍する姿を見せてくれるのが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました