【ウマ娘】死産と思われたアプリゲームが、2ヵ月連続でセルラントップの理由は?

ウマ娘

今人気のゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」はリリース当初は死産確実と言われていましたが、蓋を開けて観れば予測では2ヵ月連続のぶっちぎりの1位ということでした。

そこで、ウマ娘はなぜ死産と言われたのか?そしてアプリがリリース後になぜAppStore月間セールスでぶっちぎりの1位になったのかを紹介いたします。

スポンサーリンク

【ウマ娘】なぜ死産と言われていたのか?

今やAppStore月間セールスでぶっちぎりの1位のスマホアプリゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」は、リリースされるまで死産確実だと言われていました。

しかし、蓋を開ければ爆発的なヒットで、3月、4月とAppStoreでのセールスランキングでぶっちぎりの1位でした。

そんな人気のゲームがなぜリリース前は死産確実と言われていたのでしょうか?

なぜ死産確実だと言われていたの?

スマートフォン向けゲームアプリ「ウマ娘 プリティーダービー」は当初2018年の冬に配信される予定でした。

ユーザーからの事前登録を受け続けていたのですが、「更なるクオリティー向上を目指す為に」配信が延期されました。

そのことについてユーザー達は「配信される前に終わった」と言われていました。

この長い年月でユーザーも「どうせまた延長にんるのでは?」や「あれはもう終わった企画なのでは?」などという発言から「死産」という言葉が出てきたのだと思われます。

ウマ娘の発表からゲームリリースまでの間にウマ娘のコンテンツをプロデュースしていた方が退社され、その一報が「死産」の決め手となったようです

ゲームリリースが決定し、画像が公開された時には「グラが酷すぎる」などの意見で、リリース前に死産確定などの言葉が出回っていたようです。

スポンサーリンク

【ウマ娘】爆発的ヒットはなぜなのか?

ゲーム配信発表から約3年が過ぎユーザー受付はそれまでの間ずっと続けられていたようで、リリース直前には約60万人の方が登録していたようです。

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」の第1期以降、あまりメディアでも取り上げられることが多くなかったのですが、2020年6月に「週刊ヤングジャンプ」に「ウマ娘 シンデレラグレイ」の連載がスタートしました

それに続き、アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」の第2期の放送が発表され、2021年1月にウマ娘第2期の放送が始まりました。

アニメウマ娘の第2期は好評で、クライマックスに入る前にゲーム配信がスタートしました。

当初、ゲームの方はあまり期待されていなかったのですが、リリースされると結構よく出来ており、ニンテンドウスイッチのダービースタリオンがコケタせいか、ダビスタより面白いと評判になりました。

パワプロのサクセスモードとダビスタっぽい感じがミックスされたゲームで、だれもが気軽にできる作品となっていたのと、往年の名馬が出てくるという事で、競馬ファンも目を向けるゲームとなっていったようです。

そしてウマ娘の人気ぶりはAppStoreでのセールスランキングで2月下旬から登場しましたが、3月、4月はぶっちぎりのトップ。

そしてアニメの方は、第2期のDVD予約が開始されるとアマゾンでの売り上げDVD部門は1~10位まで独占していました。

鬼滅の刃のDVD発売が報じられるまでその現象は残っていましたが、鬼滅の刃の予約が開始されると、上位は鬼滅の刃にとられましたが、それでも間にはウマ娘のDVDが割り込むぐらい人気になっていました。

現在ではアプリは500万ダウンロードされており、まだまだ勢いが止まらないようです。

スポンサーリンク

まとめ:【ウマ娘】死産と思われたアプリゲームが、2ヵ月連続でセルラントップの理由は?

ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のリリース後、セルランでは2か月連続で断トツのトップである人気を誇っていますが、リリース前は「ウマ娘は死産です。」と言われていました。

なぜそのようなことが言われていた理由を紹介しております。

そしてどのようにして爆発的人気になったのかを紹介しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました